RapidTable

RapidTable

お問い合わせ

データ ストリーミングでリアルタイムな情報収集

RapidTableのサーバープッシュでリアルタイムなデータ更新を実現!

データ変換デザイナーで、利用目的に応じたデータ変換・データ加工を実現

RapidTableでは、Enterpriseライセンス向けにサーバー送信イベント(SSE)による通信方式の機能提供を開始します。

これにより、閲覧中のデータをリアルタイムに取得することが可能になります。

例えば、株価やチャットメッセージ、IoTデバイスからのデータを随時取得・加工・変換するようなユースケースでの活用が期待できます。



一例として当記事に紹介している動画は、主要都市の経度/緯度をもとに気象オープンデータをリアルタイムでRapidTableのスプレッドシートへ送信する活用事例です。

気象データをRapidTableへ送る際には、オープンソースにて提供しているRapidTable Connector を利用しています。
またRapidTableの画面では、強調表示機能を使うことでデータの閾値超過を可視化したり、通知機能を利用することでアラートをメール通知するようなユーザーエクスペリエンス向上もできます。

皆様の業務改善や開発強化にご活用ください!


製品の資料請求や導入のお問い合わせはコチラから